いま人気の白ロム買取

19 12月 2013 | Posted in: 携帯電話

多くの携帯電話が使われていますが、携帯電話には会社や機種によって方式や回線などが違う場合があります。

今ではスマートフォンが普及するようになっていますが、この場合、電話番号や契約情報はSIMカードに記録されています。そのことから、スマートフォンでは、SIMカードを抜き取るとデータが消えますが、携帯電話の中には、SIMカードを採用していないものもあります。

スマートフォンが普及する前は、PHS端末やGSM方式、W-CDMA方式の端末が多く使われていました。しかし、これらはSIMカードを使っていないため、電話番号や契約情報は端末に記録されるようになります。そのことから、このような携帯電話は、直接端末に電話番号や契約情報を書き込むため、解約するデータが消えるようになります。

電話番号や契約情報が書き込まれたものは、黒ロムと呼ばれ、契約情報が記録されていないものを白ロムと呼んでいます。

このようなデータのない携帯電話やSIMを抜き取った中古スマートフォンである白ロムは、リサイクルとして高く売買されるようになっています。

いま白ロム買取を行なうところは非常に多く、白ロム買取店も増えています。特に中古スマートフォンの買取が盛んになっているようです。

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Contributors